• Facebook
  • Instagram
  • Twitter

Copyright © 2018 maiyozawa All Rights Reserved.

【カミサマ紹介3】<造化三神>カミムスヒノカミ

本日は古事記で3番目に成ったカミサマ。

アメノミナカヌシタカミムスビに続く、最後の造化三神(ぞうかさんしん)である、神産巣日神(かみむすひのかみ)です。


このカミサマも、やはり男女の性別がなく、配偶者もいない「独神(ひとりがみ)」です。

ただ、神話の中では女神であるようなことを創造させるエピソードがいくつかあり、母性を感じさせるカミサマです。

個人的には女神なのではないかなぁと思っています。


前記事でご紹介した、タカミムスビノカミと対になるカミサマですが、古事記の中では、タカミムスビが天に肩入れしている一方、カミムスヒは地の神々を手助けすることも多く、逆の意味でも対に書かれています。

神名は「創造」を意味すると言われています。


<本日のカミサマ情報>

神産巣日神(かみむすひのかみ)

・祭所:東京大神宮、サムハラ神社

・呼称:独神、造化三神、別天津神

・子神:少彦名神